どーもmochiken(もちけん)です。


今回は、【Skype(スカイプ)の登録方法と使い方】そして、【ビジネスで活用する目的】などについての解説となります。


まずは、こちらの動画講義の方をご覧ください。




SkypeのIDとMicrosoftアカウントが連携される

以前までは、任意のSkypeIDを設定できたのですが、現在はSkypeがMicrosoftの傘下に入ったため、MicrosoftのアカウトとSkypeIDが連携されるようになってしまいました。

ですので、SkypeIDを新規で作る際は、Microsoftアカウントを作ることによって、SkypeIDも同時で作られると言った感じです。

その為、現在は完全に任意のSkypeIDを作成することはできなくなってしまったのですが、以下の方法を使うことによって、ある程度任意のSkypeIDを作成することができます。


動画でも説明していますが、現在はMicrosoftアカウントを作成した時のメールアドレスの以下の部分がSkypeIDになるようになっています。


〇〇〇〇@×××.com

のようなメールアドレスの場合、「@」の前の部分の〇〇〇〇が、

live:〇〇〇〇

という形でSkypeIDとなります。


ですので、もし任意でSkypeIDを作りたいのであれば、Microsoftアカウントを作成する際に登録するメールアドレスに気をつけるようにしていきましょう。

ちなみに、「live:」の部分は変えられません。

Skypeのインストール方法

ネットビジネスにおいて、Skypeはとても使えるツールになります。

もちろん、無料で使えますので、「これからネットビジネスを始めてみよう!」という方はぜひ、Skypeをインストールしておきましょう。


Skypeのインストールはこちらからどうぞ(Skypeの公式サイトに飛びます)


Skypeは簡単に言えば無料で使える通話ソフトですね。

インターネット環境があれば、世界中どこにいても、何時間通話をしたとしても完全に無料で使うことができます。(もちろんパソコンを使っている電気代はかかりますよ^^;)そのため、電話代などを気にしたりすることなく、使えます。


また、その他にもチャット機能もついていますので、大変使い勝手が良いものです。

チャットはメールでのやりとりよりも気軽に行えますし、相手との距離もより身近に感じながらコミュニケーションをとることができますのでオススメです。

個別でのやり取りはもちろん、グループを作ってグループチャットをすることもできますので、ネットビジネス仲間での情報交換や、コミニティなどで使用するのに大変役立つものです。


コミニティの運営は、それなりの難しさがありますが、上手に管理を行って、互いを高められるような環境を作っていければ、素晴らしい成果をあげていけることでしょう。


また、通話、チャット、以外にも画面共有も行えます。

そのため、通話やチャットでは説明が難しい、他のツールやソフトの使い方を説明するような時や、ネットビジネス初心者の方が躓いたりした場合、画面を共有しながら解決していく…といううようなことにも役立ちます。

画面共有をすることによって、こちらとしても教えやすいですし、教わる側としてもより理解しやすくなるという利点もあります。


Skypeの利用で注意しておくこと

このようにSkypeはネットビジネスをやっていく上で、とても役に立つ便利なツールです。


ですが、使い方には十分注意しておきましょう。


Skypeは気軽に相手にコンタクトがとれますし、チャットなどの機能もありますので、より身近にコミュニケーションがとれます。

その反面、マナーの良し悪しが出やすいツールであるとも言えます。


Skypeは人と人を繋ぐ便利なコミュニケーションツールですが、当然”相手ありき”ということを今一度、再認識しておきましょう。

ビジネスにおいて相手に敬意を払うということはとても大切なことです。


インターネットにさえ繋がっていれば、いきなり通話をかけることも可能ですが、まずはしっかりとチャットで一声かけるなど、最低限のマナーを守りながら、利用していくようにしましょう。


最後に

このように、Skypeは今後ネットビジネスを行っていく上で、必須のツールとも言えますので、まだ、Skypeを使っていない人は、まずは動画講義を参考にインストールをしてみてください。


わからないところや躓いたりした時は、こちらのコメント欄かお問い合わせより気軽にご質問くださいね。


それでは最後までご覧頂きありがとうございました。