インターネットビジネスとは?をわかりやすく解説!

internet-business

インターネットビジネスと聞いてどんな事を思い浮かべますか?


「パソコンで稼ぐこと!?」


「どんな方法があるの!?!?」


僕も初めはそんなことをよく思っていました^^;


もちろん、インターネットビジネスと言っても深く話していけばきりがないので余計に混乱してしまうと思います^^;


ですので、ここでは、


”一個人が、自宅でできるインターネットビジネス”


に的を絞って解説していきたいと思います。


個人でできるもの…と言っても、実はたくさんありますので、ご自身のライフスタイルや、やりやすいものを探して挑戦してみて下さいね!


まずは、動画で解説していますので、こちらをご覧下さい。





…では、ここからは動画の復習を兼ねて、1つずつ詳しく解説していきますね!


インターネットビジネスって何??


動画でも解説していますが、誰でもわかるように言えば、


インターネットビジネスとは、
”インターネットを使ったビジネスモデル”のことです。


…そのまんまですね^^;


こんなこと言ったら、現代ではほとんどがインターネットを利用して、ビジネスを行っていることが多いですから、


全てが、インターネットビジネスと言えてしまうかもしれません笑


そう言ってしまっては元も子もないので、


”一個人がPC一つでできるインターネットビジネス”
について、それぞれ解説をしていきます。


①ネットオークション・フリーマーケット


一個人がインターネットを使って稼ぐことを考えると、まずはじめに【ネットオークション・フリーマーケット】を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?


有名なのは「ヤフオク」や「メルカリ」ですが、専門的に言えば、物販販売労働型ビジネスということになります。


オークション・フリーマーケットの一番のメリットは、特別な知識も必要なく、商品が売れれば、すぐに現金を手にできるというところでしょう。


ですので、


『インターネットを使ってお金を稼いでみたい!』


というような、初心者さんが一番はじめに行うインターネットビジネスとしても最適だと言われています。


特に最近では、ネットオークションなどを利用したせどりや転売などが人気がありますよね!


せどりや転売がわからない人の為に補足しますが、せどりや転売とは、超簡単に噛み砕いて言えば、


”安く仕入れて、高く売る”ことによって、利益を得るビジネスモデルです。


具体的に言えば、有名なところでは中古本屋さんなどで仕入れた本をインターネット上で高く売り、その差額が利益になる…と言った感じですね。


これらの手法にもネットオークションやフリーマーケットなどのサイトが利用されています。


「とりあえず、インターネットでお小遣い稼ぎをしたいんだけど…」


と、いうような人は、ネットオークションやフリーマーケットのサイトを利用して、身近にある不用品を出店してみるというところからスタートしてもいいかもしれません。


②ネットショップ


 インターネット上に自分の店を持って、商品を販売するというのが、【ネットショップ】ですね。


先ほどのネットオークションやフリーマーケットの違いは、「自分のお店を持つ」というところです。


ネットオークションなどの場合は、商品の紹介ページなどを細かくカスタマイズすることができませんが、自分で運営しているネットショップだとそれができるという違いもあります。

ネットショップは大きく分けて3つある


そんなネットショップですが、大きく分けると3つの方法があります。

3つのネットショップの種類

  • ASP型独自ネットショップ
  • ショッピングモール型ネットショップ
  • ドロップシッピング型ネットショップ

では、1つずつ詳しく解説していきます。


ⅰ ASP型独自ネットショップ

ASP型ネットショップは、自分でドメインを用意し、ネットショップを運営していきます。


ですが、


ネットショップのシステム(ショッピングカートなど)の部分をASPからレンタルして運営していくというものです。


メリットとしては、後ほど説明するショッピングモール型ネットショップに比べ、自由度が高いという点です。


また、自分で運営をしていくため、ロイヤリティなどがかかりません。


その反面、デメリットとして、ショッピングモール(楽天市場など)のようなネームバリューがないので、集客が難しいということですね。


ⅱ ショッピングモール型ネットショップ

いわゆる「楽天市場」や「ヤフー・ショッピング」などがこのショッピングモール型ネットショップにあたります。


すでに用意されているインターネット上のショッピングモールに出店するという感じですね。


大きな利益が出せる一方、初期投資や在庫を抱えることのリスクなどがあります。また、ショッピングモールに参加する費用や売上の数%のロイヤリティがかかるなどのデメリットがあります。


ですが、


ネームバリューが大きいため、集客に困ることが少なくて済む点がメリットです。


ⅲ ドロップシッピング型ネットショップ

ドロップシッピング型ネットショップの特徴は、自分で商品を持たず、企業の製品(商品)を”販売のみ”行う代理販売のような形でネットショップを運営する方法です。


普通のネットショップですと、注文が入ったら、梱包、発送、決済などを自分で行わなければなりません。


ですが、ドロップシッピングの場合は、これらの受注・梱包・発送・決済などの事務的処理や、クレーム対応なども製造元などが行ってくれます。


上記2つ(ASP型とショッピングモール型)との大きな違いは、”自分の販売する商品を売りたいわけではない”…というところですね。


自社商品や自分が売りたいものがあるという場合は、このドロップシッピング型は無縁です。


つまり、


「ネットショップを運営してみたいけど、まだ売る商品がない…」という人や、「売りたいものはあるけど、数が少ないため、関連する他社商品も一緒に売りたい…」というような人に向いています。


ショッピングモール型などに比べ初期投資も少なく、なにより在庫を抱えるリスクも少なくて済む点はメリットと言えるでしょう。


③ アフィリエイト


アフィリエイトに関しては、僕がやっているビジネスですので、ここでは説明しきれません^^;


ですので、下記記事で超詳しく説明していますので、こちらをご覧下さい。





「アフィリエイトが1番良い!」


…と個人的はは思っていますが、初心者さんが始めるにしても1番オススメな方法です。
(実際に僕もパソコン初心者から始めて稼げるようになりましたから(^_^)v)


もちろん、メリット・デメリットがありますので、理解した上で始めていきましょう!






ここまでご紹介した方法は、基本的にリスクが低く、始められるものになります。


では、ここからは正直参入障壁が高い!?または、リスクが高いインターネットビジネスについて解説していきますね!


④ 投資


【投資】…に関してはパッと思い浮かぶと思います。


  • 株式
  • 債権
  • FX
  • 不動産
  • 金・銀・プラチナ


…などですよね。


最近では、少額投資などで始められるようになってきてはいますが、それでも初期投資というか、まとまった資金が必要になります。


また、様々な要因が絡んで変動をしますので、初心者が簡単に参入できるところではありません。


と、いうか、そんな状態で始めらたほぼ負けますので、参入するのであれば十分な事前準備が必要になるかと思います。


⑤ コンテンツの販売


わかりやすいところで言えば、「スマホアプリ」や「LINEのスタンプ」などが【コンテンツ販売】に当たります。


App StoreやAndroid Marketなどに作ったアプリなどを登録し、ダンロード販売をしていく…といったものです。


その他にもオーディオブックやマニュアル、テンプレートや画像素材など様々なものがコンテンツになります。


ですが、


コンテンツ販売で稼ぐには、そもそもコンテンツを創れなくては始まりません。


そのため、非常に高いスキルが求められます。


⑥ サービスを提供


インターネット上で自分ができるサービスを提供し、販売していくものが【サービス提供】です。


インターネットを使ってサービスを提供、販売するわけですので、何でもできちゃいますよね!


具体的には、占いサービス、コンサルティングサービス、マッチングサービス、などなどがあります。


今後は、ますますインターネット上で完結するサービスが増えていくでしょう。


個人でできることであれば、参入障壁は低いのかもしれませんが、全てはアイデア次第…というところがありますので、簡単なようで難しいのがサービス提供ビジネスかもしれません。


⑦ クラウドソーシング


自分ができること・好きなことなどのスキルを提供して仕事をもらうのが、【クラウドソーシング】です。


様々なものがありますが、簡単に言えば、


「私、こんな感じのイラストを作れます。」

「今、企業のロゴを作ってくれる方を探しています。」


…このような方達が、マッチングして仕事を発注・受注するといったものです。


簡単なものであれば、アンケートに答えるものや、簡単なブログの執筆などがありますね。


また、専門的なものであれば、webサイト作成、ホームページのデザイン変更、作詞・作曲などなど、ジャンルは問わず様々です。


専門的な知識がある方は高単価で仕事を請け負うことができますが、専門的な知識がない方ですと、物凄く安い単価で請け負うことになるので、専門的スキルがない人にはあまりオススメではないかもしれません。


また、基本的には単発や短期のお仕事が多いので、安定…という面では不安があるかもしれませんね。


その反面、専門スキルがある人はこれだけで食べている人もいるぐらいです。


⑧ 情報起業


【情報起業】とは、まさに自分そのものが売り物のようなものです。


自分が培ってきた、技術・知識・ノウハウなどを販売していくというものですね。


 一般的な販売手法としては、

  • セミナー
  • コンテンツにして販売
  • コンサルティング


などが有名です。


これだけ聞くと、”お金稼ぎ系”…と思われるかもしれませんが、何もお金稼ぎ系だけではありませんよ。


例えば、


  • ダイエット
  • 恋愛
  • 投資術
  • 美容
  • ナンパ笑


などなど、ジャンルも様々です。


基本的には情報を販売するわけですので、コストがかからないわけですから、利益率が大きいメリットがある一方、自分に膨大な知識や実績などがないかぎり、自分を信用してもらえませんので、全く売れません。


その他にも、情報を売るためのコピーライティングスキルやマーケティングスキルなども求められますので、難しいビジネスモデルではあります。




以上、


個人ができるインターネットビジネスについて解説してきました。


向き不向きがありますし、メリット・デメリットもありますので、一概にどれが良いとは言い切れませんが、一番やってみたいなぁと思ったものからやってみるのが、1番ですね!


それでは最後までご覧頂き、ありがとうございました。

2 Responses to “インターネットビジネスとは?をわかりやすく解説!”

  1. ひろみん より:

    こんにちは、はじめまして、ひろみんと申します。
    インターネットビジネスの内容を詳しく教えて頂き、とても参考になりました。
    インターネットビジネスも沢山の種類のものがあるんですね。
    私もアフィリエイトを始めてますが中々難しいです。
    応援しています。

    • mochiken より:

      ひろみんさん

      ありがとうございます!

      わからないことや知りたいことがありましたら是非是非ご質問頂ければと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ