どーもmochikenI(もちけん)です。


今回はGoogleが提供しているブラウザ、GoogleChrome(グーグルクローム)についての解説です。


まずは、こちらの動画講義の方をご覧ください。



GoogleChromeを使う理由

Windowsでは、Internet Explorerが、Macでは、Safariが標準搭載されていると思います。また、それ以外でもFirefoxやOperaといったブラウザがありますが、ネットビジネスを行っていくのなら、Chromeを導入してみることをオススメします。

Chromeは2016年の春先にはPC版の世界シェアが1位となり、世界的に1番使われているブラウザとなりました。


Chromeを導入したほうがいい主な理由は下記の通りです。

GoogleChromeを導入するべき理由

  • 読み込み速度が速い
  • 拡張機能が豊富にあり、使いやすいようにカスタマイズが可能
  • クラウド化ができるため、どの端末からでも同じ環境を整えられる
このような利点があるためです。


まずはじめに、Chromeはホームページなどを読み込み速度が速いのが特徴です。

ネットビジネスを行っていく上では、様々な検索を行っていくことになりますが、Chromeは他のブラウザよりも動作が軽く、サクサク読み込んで動くため、非常に作業効率も上がります。

ネット回線を整えることも大切ですが、ブラウザ一つで動作の速度が上がりますし、作業効率というのは左右されますので、ネットビジネスを行っていくのなら、ぜひ導入してほしいブラウザです。


また、

拡張機能が豊富に取り揃えられているのも特徴です。

そのため、様々な拡張機能を導入することにより、より自分が使いやすいようにカスタマイズしていくことが可能です。ネットビジネスで役立つ拡張機能も豊富にありますので、より作業がしやすい環境を作りやすくなるのもChromeを使ったほうが良い理由の一つですね。


さらには、

ChromeはGoogleアカウントと連携しているため、GoogleアカウントのIDとパスワードさえあれば、どの端末からでも同じ環境を作ることが可能です。

PC用のChrome、携帯用のChromeでそれぞれログインしておけば、ブックマークやID/パスワード、閲覧履歴、各種設定、などを複数のデバイスで同期・共有できてしまいます。

しかも、いったん同期の設定を済ませておけば、毎回ログインする必要はありませんので、手間もかかりません。それでいてユーザーが操作しなくても、自動的に同期を行ってくれます。


例えばですが、仕事場のChromeでブックマークを追加しておいて、出先のスマホのChromeでそのブックマークを開いたすることもできますし、認証が必要なサイトでも、ID/パスワードを保存しておけば、どのデバイスのChromeでも同じように認証できてしまいます。

このように、どのデバイスからでも同じ環境を整えられますので、とても便利です。


ネットビジネスを行っていく上で、作業効率は意識したほうが良いですが、その一つとしてブラウザはぜひChromeを導入していくことをオススメします。

インストール方法はとっても簡単ですので、ぜひ動画講義の手順通りにインストールをしてみてください。


もし、わからないところや躓いたところがありましたら、いつでもご質問頂ければと思います。

それでは最後までご覧頂き、ありがとうございました。