どーもmochiken(もちけん)です。


今回は、【自分を変える3つのプロセス】についてお話していきます。


まずは、こちらの動画講義をご覧下さい。




自分を変えるために必要な3つのプロセス

自分を変えるためには3つのプロセスが重要です。

それが、

  • フィルター
  • キャラ
  • 言動


です。


フィルター

フィルターとは、”自分がもの・世界をどう捉えているか?”ということです。

人は同じものを見ても、ものの捉え方・感じ方と言うのは、人それぞれ違います。


例えば、

参加費が40万円もする高額のダイエットのセミナーがあったとしましょう。


このセミナーで講義を行ってくれるのは、ダイエット業界では知らない人がいないぐらい有名な方です。この方は、何人、何千人とダイエットの成功者を排出してきました。

あなたは、今までいろいろなダイエットを試してきましたが、思うような結果が出ず、満を持してこの高額セミナーに参加したとします。


そして、

この高額セミナーで講師が語ったことは、


「ダイエットに成功したければ、この書籍に書かれていることが全てです!以上!」


…わずか10分足らずでセミナーは終了しました。


さて、この時、あなたはどんなことを感じるでしょうか?

  • 「たったそれだけ!?」
  • 「もっと手取り足取りダイエット方法を教えてくれるんじゃないの!?」
  • 「詐欺だ!詐欺!」


…このように感じる方もいるでしょう。


ですが、

”見方”を変えるとこんな見方もできます。

  • 「権威ある人から最高のダイエット方法を教わった!」
  • 「しかもたった10分でその方法がわかった!」
  • 「早速実行しよう!」


…では、このような違いの2人がいたらどちらが結果を出すでしょうか?


それは、明らかに後者です。


なぜだかわかりますか?


後者は”結果にフォーカス”しているからなんですね。

一方、前者は結果にはフォーカスしていません。


権威ある人が「ダイエットを成功させたいなら、この書籍に書いてあることをそのまま実行すれば必ず成功する」と言ったのです。そして、実際にその方の教えを守った多くの人は結果を出しているわけです。

今まで散々ダイエットに失敗してきたあなたは、その方法をたった10分で教われたのです。

「あとは、実行すればいいだけだ!」と、結果にフォーカスしたんですね。


…このようなことが、フィルターを変えるということです。


キャラ

キャラとは、キャラクターのことですね。


「僕は〇〇な人間なんで…」
「私は〇〇な性格です…」



…このようなキャラ付けを止めていきましょう。


このようなキャラ付けをしてしまうと、必然的に自分にブレーキをかけてしまうことになります。


人間は、9割の環境に対応可能だと言われています。


自分では”できない”と思っていることもやってみれば意外にできるものです。

変なキャラ付けを捨て、「公平」「誠実」といった根源的なところが長期的な観点からすると大切です。


また、

「成し遂げたい目標」に関係のないプライドは、非常に非効率になります。


自分より年下…、低収入…、低学歴…、このようなことに競争心を抱く結果、「負けた」と感じた時、自分への期待に反し落胆します。そして、その後妬みや恨み、嫉みと変わっていってしまうこともあるでしょう。これは非常に非効率ですので、関係のないプライドは捨て、素直に学ぼうとする心構えが大切です。


言動

言動を変えていくことも非常に重要です。

自分に対し、否定的・反応的な言葉は極力使わないようにしていきましょう。


そして、言い訳をしないということです。

言い訳は、結局のところ、「決断・責任・行動」を回避しているだけに過ぎません。言い訳をするなら新たな決断をし、責任をもって、行動をしていくべきです。


よく宗教、量子力学、スピリチュアルなどの世界では、”思考は現実化する”と言われますが、言動は思考から生まれるものですので、行き着くところこういうことになります。

日々の言動に気をつけ、自分に対し否定的・反応的な言葉を使わないようにしていきましょう。


最後に

もし、今の現状に満足がいっていないのなら、まずは自分の意識を変えていきましょう。

自分を変えていくためには、

  • フィルター
  • キャラ
  • 言動


を、意識的に変えていくことが大切です。


今まで培ってきたものがありますので、すぐに変えていくのは難しいことですが、少しずつ変化を起こしていきましょう。


それでは最後までご覧頂きありがとうございました。