どーもmochiken(もちけん)です。


今回は【クリック報酬型広告と成功報酬型広告の違い】について解説を行っていきます。


いざ、「アフィリエイトを始めてみよう!」と思ったは良いものの、「何から始めればいいの?」と情報量やアフィリエイトの種類などでいろいろと考え込んでしてしまっていませんか?


そこで今回は、アフィリエイトでよく使われる広告の種類について解説を行っていきます。


「初心者が始めるにはどれがいい?」
「どんな手順で始めていけばいいの?」
「どんなメリットやデメリットがあるの?」



…と、このような疑問が解消されるように初心者の方にもなるべくわかりやすく解説を行っていきますね!


まずは、こちらの動画をご覧ください。



アフィリエイト広告は多く分ければ2つ!


アフィリエイト広告の種類は豊富にあり、その数はかなり膨大です。また、人によって定義が違いますので、区分けが異なっていることもよくあります。


ですので、「これからアフィリエイトを始めてみよう!」という人にとって、「まずはこれだけ覚えておけば大丈夫!」という分け方をしていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。


① クリック報酬型広告


まずは、「クリック報酬型広告」と呼ばれるものです。

読んで字のごとくですが、クリック報酬型広告とは、”クリックされるだけで”報酬が発生するという広告になります。

ですので、端的に言えば広告がクリックされたあと、商品が売れようが売れまいが、関係ありません。

クリックされた時点であなたに報酬が入ると言うものです。

AdSense(アドセンス)


クリック報酬型広告は基本的にGoogleが提供しているGoogle AdSense(アドセンス)を使って行っていきます。

もちろん、その他にも、


  • Nend(ネンド)
  • Fluck(フラクト)
  • 忍者アドマックス

と、言われるクリック報酬型広告もありますが、クリック報酬型広告を使っている方のほとんどはアドセンス広告を使っていると言っていいでしょう。実際に数えたわけではありませんのでハッキリとは言えませんが、僕の感覚ではクリック報酬型広告を使われている方の90%以上はアドセンスを使っているという感じです。

それぐらいアドセンス広告はよく使われています。


では、なぜそんなにもアドセンスがよく使われるのでしょうか?


実は、アドセンス広告は、先ほど上げた他のクリック報酬型広告(Nend・Fluck・忍者アドマックス)などに比べて1クリックあたりの単価が高くなっています。広告の種類などによって単価は前後しますが、アドセンスの場合、平均で1クリックあたり20〜30円の報酬が発生すると言われています。


つまり、

1日100クリックされれば、2,000〜3,000円の報酬になるということです。

また、クリック報酬型広告はアクセス数に比例して報酬が増えていきます。運営するブログやサイトのジャンルにもよりますが、※クリック単価はおおよそ1%前後になります。

※クリック単価とは…

広告が何回表示されて、そのうちの何回クリックされたか…ということですね。
業界用語で、「Click Per Cost」略して、CPCと言われています。こちらの呼び方も覚えておきましょう。

つまり、1日100クリックを目指すのであれば1日10,000アクセスほどが必要になってくるということです。


ただ、今は「へぇ〜」で大丈夫ですよ。実践していくうちにこのあたりはより理解が深まっていきます。


このように、クリック報酬型広告のメリットでもありますが、”クリックされるだけで”報酬が発生するのでとてもシンプルな考えで行っていくことができます。

あなたがやることはブログやサイトを運営し、広告を掲載するだけです。そして、あとはアクセスを集めてくることに集中すれば良いのです。


「アクセスを集めるだけって…どんな広告を載せるか選ばなくていいの?」


…中にはそんな疑問を持つ方もいるかもしれません。
ですが、アドセンスは広告を選ぶ必要がないんですね。


「エッ!?」

ですよね^^;

というのも、アドセンスは先ほども言ったようにGoogleが運営しているものになります。Googleというのは検索エンジンの全てを牛耳っているといっても過言ではありません。

何が言いたいのかというと、ユーザーの動きというは常にGoogleに監視されています。つまり、そのユーザーが普段どんな検索を行っているのか…というような検索履歴や、SNSでどんな人達と交流しているのか…というようなことまで見られているとも言われています。


このように、”インターネット上でのユーザーの動き”というのはGoogleに常に監視されているわけです。もちろん、あなたも僕も監視されていますw(こう言われるとちょっと怖いですよね^^;)

ですが、決して悪用しているわけではありませんのでご安心下さい。つまり、話を戻すと、このようなことを踏まえてユーザーに最適化した広告をGoogleが勝手に選んで表示してくれるんですね。


ですので、あなたはどんな広告を載せるかをいちいち考えなくてもいいわけです。あなたがやることは「ここに広告を表示!」と指示を出すだけです。だからアクセスを集めることだけに集中して運営していけば、それに比例して報酬も上っていくんですね。


このように、クリック報酬型広告を使ったアフィリエイトは初心者の方に向いていますので、もし、あなたがまだアフィリエイトをやったことがない…というのであれば、ぜひ、このクリック報酬型広告からスタートしてみて下さい。

ちなみに、僕も1番初めはこのクリック報酬型広告からスタートして実績を積んでいきました。何より、報酬が早い段階から発生しますので、モチベーションも上がります。


ですが、デメリットもないわけではありません。


クリック報酬型広告のデメリットは大きな金額を稼ぎづらいというところです。のちほどご紹介する成功報酬型広告を使ったアフィリエイトでは、現実問題として月収100万以上稼いでいるアフィリエイターの方もザラにいます。

ですが、クリック報酬型広告(アドセンス)のみで月収100万円以上稼いでいる方というのは、本当に稀にしかいません。


つまり、それぐらいクリック報酬型広告だけで大きな金額を稼ぐのは難しいということです。これがクリック報酬型広告のデメリットと言えます。


また、アドセンスの停止や剥奪といったリスクも付きものです。
アドセンスはGoogleが運営しているだけあって非常に規約が厳しくなっています。そのため、規約違反をしてしまうとアドセンスが停止となり、一気に報酬が0円になってしまうことも十分に考えられます。

さらには、最悪の場合、アドセンスの剥奪…ということも無きにしも非ずです。こうなってしまうと二度とアドセンスを使えなくなってしまいます。


このように、一歩間違えると取り返しのつかないリスクと隣り合わせだというデメリットも少なからずあります。


クリック報酬型広告のまとめ

  • 初心者の方向け
  • シンプルな考えて運営できる
  • 報酬が早い段階から発生しやすい
  • ただ、大きく稼ぐのは難しい
  • リスクも隣り合わせ


② 成功(成果)報酬型広告


では、続いて成功報酬型広告を見ていきましょう。

「成功報酬型広告」は、「成果報酬型広告」という人もいますが意味は一緒ですので覚えておきましょう。


「成功報酬型広告の”成功”ってなに??」


…と、疑問に思っているかもしれませんが、成功報酬型広告とは、広告主が設定した成果条件を満たしたら報酬が発生するというものになります。

ですので、成果条件が達成した=成功した…ということで成功報酬型とも成果報酬型とも言われるんですね。


そして、初めに「アフィリエイト広告の種類は豊富にあって区分けが難しい」…とお伝えしましたが、難しいのはこちらですね。成功報酬型広告は、人によって定義が違うため、区分けは様々です。

ですので、混乱してしまいやすのですが、ここではシンプルに成功報酬型は大きく2種類に分かれるということで定義していきます。


それが、【無料型】【有料型】です。


では、1つずつ詳しく見ていきましょう。


【無料型】


【無料型】とは、登録や請求があった時点で報酬が発生する広告になります。つまり、簡単に言えば”ユーザーはお金を払わない”…というものです。

そして、【無料型】の中でも大きく分けると3つのカテゴリーに分かれます。


ⅰ 資料請求(査定)

無料型の中で最もポピュラーなのがこの資料請求の案件かもしれません。資料請求には「住宅・保険・車・引っ越し」などがあります。

また、成功報酬型の案件の中では最も稼ぎやすいと言われているのも、この資料請求です。なんてたって、資料請求をしてもらえばいいだけですからね^^;難しいセールスなどは特に必要ありません。

広告主が用意したページにいかにアクセスを流せるかがポイントです。


また、同じように、「査定」などもあります。例えば、「中古車査定・引っ越し見積もり」などですね。

ひょっとしたらあなたもやったことがあるかもしれませんが、ネットが普及してから簡単にネット上だけでサクッと査定や見積もりができてしまいますよね?

実は、あのようなものもアフィリエイトの案件になっているのです。


ⅱ ユーザー登録

ユーザー登録は「ゲームアプリや・FXまたは株の口座開設・出会い系登録」などですね。っといっても、こちらの案件もユーザーがお金を払って行うものではありません。無料でユーザー登録できる案件に登録してもらうことによって、アフィリエイト報酬が発生します。

ポイントは”属性を合わせる”というところにあります。


少し考えればわかるかもしれませんが、出会いを求めている人たちが集まっているところで「ゲームアプリに登録しませんか?」とお誘いをしても誰も振り向いてくれませんよね?(まぁなかにはいるかもしれませんがw)

そして、その逆もまた然りです。


このように、ゲームアプリを探している人に、オススメのゲームアプリを教えてあげたりしなければ成約には繋がりづらいということです。


ⅲ オプトイン(無料オファー)

オプトインアフィリエイトは、近年(特にここ数年)で出てきたアフィリエイトとも言えます。


簡単に言えば、メールアドレスを登録してもらうというものですね。


こちらもアドレスを登録してもらうだけですので、ユーザーがお金を払うということがありません。そのため、こちらも比較的敷居が低いものと言えます。


成功報酬型広告【無料型】のまとめ

  • ユーザーの方は”お金を払わない”広告
  • 有料型に比べると成約は取りやすい
  • 成約が取れるようになればクリック報酬型広告よりも安定的に稼げる


【有料型】


では、続いて【有料型】を見ていきましょう。

すでにお気づきだと思いますが、有料型は商品が売れた時点で報酬が発生するという広告になります。つまり、”ユーザーがお金を払って”何かを購入してもらわなければならないもの…とも言えます。

有料型も大きく分けると2つのカテゴリーに分けられます。


ⅰ 物販

アフィリエイト…と聞くと1番イメージしやすいのが「物販」かもしれません。


要するに、ユーザーが”もの”を購入してくれてあなたにその一部がアフィリエイト報酬で入るというシンプルなものですね。

例えば、「化粧品・食品・工具・PC・家電?ペット用品」…などですが、今の世の中アフィリエイトできないものはない!と、言っても過言ではないかもしれません。そのぐらい豊富に何でもアフィリエイトができてしまいます。


一般的には、無料型に比べるとユーザーにお金を払ってもらう有料型は難しいと考えられますが、やり方次第では、実はそうでもありません。

というのも、あなたもそうだと思いますが、ネットがこれだけ普及し便利になった世の中において、ネットで何かを買うのは当たり前になってきていると思います。そして、年に1度や2度ではないですよね?


僕も実際、いろいろなものをネットで購入しています。このように、ネットを使って購入することに違和感がなくなってきているとも言えますので、やり方次第では十分に稼ぐことが可能です。


ただ、クリック報酬型広告や成功報酬型広告の無料型と比べると少し敷居が高いという側面はありますけどね^^;


ⅱ 情報商材

情報商材も物販に含んで定義する人もいますが、ここでは、あえて別にしました。


「情報商材ってなに??」


…という人もいるかもしれませんので、簡単に説明しておきますと、情報商材とは、いわゆる情報に価値をつけた商品ということですね。例えば、「稼ぐ系・投資系・美容健康系」などが有名です。


具体的に言えば、


  • アフィリエイトで最速で10万円稼ぐ方法!
  • 1日10分のトレードで月収80万!負けないFX投資法
  • 食べて寝るだけ!?1ヶ月で簡単にー3kgを実現する〇〇ダイエット法
(※ネーミングは適当ですw)


…みたいなものですね。このようなものをPDF、音声ファイル、動画ファイル、CD、冊子などで販売するというものです。

1番イメージしやすいのは「ビリーズ・ブート・キャンプ」でしょうかw(ちょっと古い^^;)つまり、あのようなものです。


要するにわれわれアフィリエイターはこれらの情報商材をアフィリエイトしていくというわけですね。情報商材の特徴はアフィリエイト報酬が非常に高いということです。

例えば、1つ1万円の商品を売ってアフィリエイト報酬が8,800円という商品もなかにはあるぐらいです。売価の9割近くが報酬となりますので、いかに利益率が高いかがおわかりいただけるかと思います。


ただし、情報商材の難しいところは中身の見えないものを販売していきますので、”いかに欲しくさせるか”がとても重要です。

そのためには、コピーライティングのスキルが必須となってきます。(コピーライティングに関しては別途コンテンツで解説していきます)つまり、簡単に言えば「ユーザーの方が欲しくなるような、思わず買ってしまうような文章を書けないと売れませんよ!」…ということです。


成功報酬型広告【有料型】のまとめ

  • ユーザーが”お金を払って”購入する広告
  • 一般的に、クリック報酬型<無料型<有料型…というふうに一番難易度が高いと言われている
  • 報酬単価が高いものが多い
  • 月収100万以上を稼ぎたいなら取り入れるべき


まとめ


アフィリエイト広告の違いについて、理解ができたでしょうか?


ざっくり視覚化するとこんな感じです。

クリック報酬型広告 成功報酬型広告 違い 初心者

どの広告を使ってアフィリエイトをやっていくかは自由です。

ですが、難易度で言えば、


クリック報酬型<無料型<有料型


…となります。

ですので、もし、あなたがまだアフィリエイトをしたことがなく、これからチャレンジしていきたい!と思うなら、僕はクリック報酬型広告(アドセンス)を使った方法から始めてみることをオススメします。


アフィリエイトは参入するのに費用もほとんどかからないわりに、リアルビジネスに比べて考えられないような利益率を出せてしまいます。


ですが、
アフィリエイトは積み重ねのビジネスです。


コツコツと種を蒔き、水をやり、ようやく花開くビジネスです。(どのビジネスでも言えると思いますが、特にアフィリエイトは初期段階を超えれるかがカギを握っています)

そうとわかったら、コツコツと作業を進めていきましょう!


それでは最後までご覧いただきありがとうございました。